コピー機のリースは豊富な実績のあるところを選ぼう

コピー機レンタルとそれ以外の方法

会社のオフィスにはさまざまなハイテク機器が導入されていますが、これらは一様に昔と比べてコンパクトで使いやすいものとなっているため、つい技術の粋を集めた製品という認識が薄れてしまいがちです。たとえば仕事に欠かせないアイテムのひとつであるコピー機は、同じ文書を一度に大量に作成する作業に大きく役立っていますが、最近は単純にコピーをするだけでは終わらない、マルチな役目を果たすものとなっています。パソコンからデータを読み取ってプリントアウトしたり、ファクシミリを受信したりといったことも自由自在にでき、ハイテク化がますます進んでいますが、それだけに販売価格は高騰しているということも考慮しておかなければなりません。高価なコピー機をできるだけ安くオフィスに導入する方法はいくつかありますが、なかでもレンタルはよく使われる方法でひとつです。

レンタルの場合は一日からでも任意の期間にわたって希望する機種を使うことができますし、メンテナンスなどもレンタル会社を経由して依頼することができるのがメリットといえます。もちろんレンタル以外の方法もありますが、その代表にリースが挙げられます。これはリース会社がクライアントの指定にしたがってメーカーからコピー機を購入して、それをクライアントが利用するものです。リースは数年単位の期間にわたって契約することになり、途中解約もできませんので、その点では逆にレンタルのほうが自由度が高く便利といえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です