コピー機のリースは豊富な実績のあるところを選ぼう

コピー機をリースすること

いまどきコピー機を使用せず、クラウド内で情報共有したり自身のプリンターで印刷すれば良いと考える方も多いのではないでしょうか。しかし、ペーパーレス化と言われながらもビジネスの現場では印刷した紙による文字情報は欠かせません。コピー機にどんなメリットがあるか考えますと、まずはインク代が安くなることが挙げられます。どうしても会議の場面において書類が必要になる場面が生じ多くの枚数を印刷する場合、業者に依頼すると時間が必要ですし機密情報が外部に流れることになります。

小さなプリンターで処理するよりも断然コピー機を使用した方が早くインクカートリッジ代も随分差が出ます。では、リースとレンタルの何がどのように違いどちらがお得な活用ができるかですが、リース契約は基本的に業者と契約期間を通じて料金を支払っていくのが一般的なため、分割で支払っていくイメージです。オフィスにコピー機を導入する設備は購入すると大きな費用が発生しますのでリースを利用すると、まずは一度に発生する費用を軽くすることができることと、契約期間の具体的な料金が分かるのでその費用を経費として計上でき毎月の費用が固定されているのでコストの把握がしやすい、そしてレンタルと違い初期費用として導入費用がかからないので、その費用を他に活用できますし、機種を選べるので最新機種の導入も可能です。レンタルは、リースと違い1日だけ借りられる会社もありますので、短期間だけ使う場合メリットがあります。

導入する際、オフィスでどのように使用するかを想定し比較しながら検討することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です