コピー機のリースは豊富な実績のあるところを選ぼう

コピー機をリースするメリット

コピー機を導入する際、購入するかリース契約するかを検討するでしょう。実は、多くの企業がコピー機をリース契約で導入しています。では、購入ではなくリース契約を選ぶ企業が多いのはなぜでしょうか。リース契約では、機器購入に必要な費用の調達などすべてを専門の会社が代行するため、初期費用を抑えることが可能です。

さらにコピー機の性能進化は非常に早いため、同じ機器を使い続けていると当然年々使い勝手が悪くなります。頻繁に買いなおすとなると費用も無駄になってしまう為、一定の周期で最新の機器に入れ替える方が現実的です。それから、購入したコピー機は固定資産になります。そのため、固定資産税や減価償却費用などのコストはすべて購入者負担になり、事故・盗難に備える保険などのコストもかかってきます。

一方、リース契約では固定資産税や減価償却費用、保険などのコストは全て専門会社が負担します。月額も一定なため、財務管理やコストの把握が容易なこともメリットです。また、固定資産に定められている法定耐用年数を考慮する必要もありません。契約期間が終わった機器は、専門会社へ返却するだけで済みます。

コピー機の法定耐用年数は5年です。そのため、途中でで機種を更新した場合でも残り分の固定資産税を払い続けるか、除却処理を行い廃棄する必要があります。総費用で比較した場合、契約内容によっては購入の方が安く済むこともあるかもしれません。しかし財務管理や事務処理費用、また新機種への入れ替え等考慮すると必ずしも安いことがすべてとは言い切れません。

必要な期間や状況により、導入計画を慎重に立てましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です