コピー機のリースは豊富な実績のあるところを選ぼう

コピー機のリースは初期費用もかからず節税にもなる

コピー機のリースのメリットは月額料金が固定されていることで、毎月のランニングコストを把握出来て支払いも経費として計上出来ます。また、月々支払うので一度に大きな費用が不要で、手元の資金や投資予算がなくても新品の高額な商品を調達可能です。他のところに投資をしたくてもコピー機が必用なときにリースなら設置可能です。また、支払いも定額で回数も規定から選べるので、毎月の固定費計算もわかりやすいです。

銀行などにコピー機などを調達するときに融資を受けようとしたら、2週間前後の審査期間があります。リースは審査に1から2営業日ほどで結果がわかり、導入期間が早くて審査も融資より甘くなっていて手軽です。月々の料金も経費処理することが認められていて、購入での所有資産で必要な減価償却の手続き・固定資産税の納付もないので事務負担が軽減されます。節税対策になって経費処理も可能、固定資産税の免除や事務処理も楽になるのが利点です。

動産保険に提供会社が加入するので、万一盗難や壊れてしまっても保険の適用条件内の内容なら保険が使えます。注意したいのは予め決まった期間で契約をするので、途中で解約したいと思ったときは残った期間の代金を支払ったり、違約金を支払うことになります。代金は本体価格以外に金利・手数料なども含まれていてトータルだと購入よりも割高で、契約では与信審査があり新設法人などは審査に通らず契約出来ないこともあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です