コピー機のリースは豊富な実績のあるところを選ぼう

高性能コピー機もリースなら社内にお手軽に導入できる

企業には法律によって一定期間は保存しておかなければならない帳簿や書類があるのですが、事業を続けている期間が長い企業ほど帳簿や書類の量が増えるため、その管理保存方法について頭を悩ませている経営者の方も少なくないはずです。ただ、近年では法改正によって保存義務がある帳簿や書類でも、一定の条件を満たしていれば電子データとして保存することが可能になただけに、今後ますますスキャナー機能が搭載されたコピー機がオフィスの必須アイテムとなることが予想されます。ただ、そのような高性能機種を購入すると100万円以上の出費を覚悟しなければなりません。しかし、これから起業することを目指している方の多くは、会社の立ち上げ後すぐにでも会社経営を軌道に乗せるために設備投資にかかる初期費用はできるだけ抑えたいと考えているはずです。

そういったことから、スキャナー機能が搭載されたコピー機をどのように導入するべきかで頭を悩ませている方もいらっしゃると思います。ですが、リースという形を用いれば、スキャナー機能が搭載されている高性能機種でも初期投資費用を抑えながらオフィスに導入することが可能です。また、リースには初期投資費用を抑えられるということ以外にも、月額使用料は経費として計上することができるということや、固定資産税の支払いや減価償却の手続きをしなくて済むというメリットもあります。ですから、経理面での負担を可能な限り抑えながらスキャナー機能が搭載された高性能コピー機を導入したいというのであれば、リースの活用を検討してみることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です