コピー機のリースは豊富な実績のあるところを選ぼう

コピー機の導入にはリースがおすすめできる理由

オフィスでの業務に欠かせないコピー機を導入するには、メーカーから本体を直接購入する方法と、リースによって利用する方法とがあります。それぞれメリットがあるのですが、利点の多さから考えるとリースを使用するほうが便利と言えます。その理由としては、コピー機は常に新型機が出ており、新しい機種のほうが性能的にも価格的にも優れているからです。本体を購入した場合、基本的にはそれが故障して使えなくなるまで使い続ける必要があります。

どれほどの期間使えるのかは機種にもよりますが、使っているうちにより優れた機種が登場します。コピー機ではランニングコストが重要な要素ですが、この点でも新型機の方が有利です。新型機なら安く印刷できるという環境の中、古い機種を高い印刷コストを払いながら使い続けるのは無駄と言えます。一方、リースで導入する場合には、一定の契約期間が終了すると新しい機種へ乗り換えることができます。

古い機種を使い続ける必要がなく、新型機の優れた性能やコスト的なメリットを享受できるのはリースならではです。サポート体制が優れている点も、リースを使う場合のメリットと言えます。導入した機種に対し定期的に担当の方が訪れてメンテナンスを行ってくれるので、故障が起きる前に機械の状態を良くしてもらえます。一度故障すると業務も滞ってしまうだけに、それを未然に防げるのは大きな利点です。

本体を取り替える時にも、費用を負担する事無く業者の方に撤去してもらえるなど使いやすいサービスと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です