コピー機のリースは豊富な実績のあるところを選ぼう

コピー機のリースを解約する時の注意点

コピー機をリースで利用する際には「契約である」ということを常に意識しておくことが重要です。契約書を交わして法人と法人、もしくは法人と個人が契約をするのですから、契約書に書かれていないようなことに関しては認められないとして考えておく必要があります。通常の利用であれば特に気にする必要が無い部分も多いのですが、しかしここで重要になってくるのが、その契約における「契約期間」なのです。一般的にコピー機のリース契約は5~6年を設定することが多いのですが、事業不振や新しい機械を利用したいなど、その契約を途中で解約したいと考えることは少なくありません。

しかし、実際に契約を途中で解約するということは難しい所もあります。そもそも契約期間が設定されている以上、その契約期間を満了せずに契約を途中破棄するとなると、それは違約金が請求されることになるのです。また違約金の発生以外にも、リース契約で借りたコピー機の所有権はリース会社にあるわけですから、途中解約時点で返却をしなくてはなりません。満了時であれば引き上げを依頼することもできますが、契約者の都合による解約ならばその引き上げを期待することもできないでしょう。

そのため契約者が自己負担でコピー機をリース会社に送り返す必要があります。そうした支出は決して無視できるものではありません。こうしたことは契約の中でも特に重要なポイントですから、契約時点で途中解約のリスクが無いかどうかを考える必要があるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です