コピー機のリースは豊富な実績のあるところを選ぼう

コピー機のリースについて

コスト削減に力を入れている企業も多いかと思います。しかし、ペンや備品などの消耗品の使用を控えるだけでは微々たる節約しかできません。そんな中で、大幅に初期投資が削減できるものとしてコピー機のリースがあります。コピー機を購入すると、本体の代金はもちろんトナー代やメンテナンス費用などがかかります。

しかし、リースにすると、月々の料金のみで、トナーなどの消耗品やメンテナンス費用も含まれていることが多いので、性能によりますが月々数千円の負担でコピー機を使用することが可能です。会社として用意するものはコピー用紙のみです。コピー機をリースするメリットとしては、コスト削減だけでなく資金繰りが楽になることがあります。毎月の金額が固定のため、減価償却の手続きや固定資産税の支払いなどが発生しません。

これは所有権が自分の会社にではなくリース会社にあるためです。しかし、デメリットもあります。一番大きいのが途中解約できないことです。いざ導入してみると思ったより性能が良くないこともあります。

しかし、何年か単位での契約になり、年単位の料金を月で割っての支払になるので、解約する場合は残りの料金を一括で支払わなければならない可能性があります。ですので、途中で解約することは難しいと言えます。最初に初期投資が削減できると書きましたが、最終的の金額はリースの方が高くなることが多いです。状況に応じて判断することが大切だと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です