コピー機のリースは豊富な実績のあるところを選ぼう

冊子印刷を依頼するときの注意点

カタログ等の冊子を印刷する際には、経費としてお金をいくらかけることができるのかにもよります。また、企業等が数千冊以上も用意する場合には、それだけ作業量が多くなるので、大型の輪転機を有する印刷業者に依頼するのが一般的です。最近ではデータと見本さえ示せば、印刷から最終の運送業者への搬出までを一貫して行ってくれるところもあるので、冊子印刷自体も楽になっています。その他、こうした業者にあっては今までに培ったノウハウが蓄積されているために、期間等も厳守でしっかりと作業をしてもらえるという安心感が生じます。

また、突発的な事項が発生してもその後の対応をしっかりとしてもらえることもある点、任せて安心することができるメリットもあります。同人誌等の個人での冊子印刷を依頼したい場合には、印刷業者も小規模で経営しているようなところであっても対応ができる場合が多くありますが、冊子印刷完成までの期間が厳守されている場合が多く、その期限を守れないクライアントに関しては、納期がずれてしまうおそれもあるために、印刷業者からの指示、依頼事項についてはしっかりと守るように心がけることが何よりも大切になってきます。このように刷新印刷と一言で言っても、その部数や誰を対象に配布するものなのかで変化します。したがって、依頼する側も期限を守ることと、その後の搬送についてどうするのかなどの予定などをしっかりとあらかじめ考慮しておくことが求められるところです。

コピー機のリースのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です